転職紹介会社のデメリットについて

たくさんのメリットが転職紹介会社にはありますので、これを転職活動に利用しないのはもったいないといえます。しかしメリットだけではなく転職紹介会社にもデメリットがありますから注意も必要です。ここでは転職紹介会社のデメリットについても考えたいと思います。

 

転職紹介会社のデメリット
無理やり転職をさせられてしまうこともあります

紹介された人材が採用された場合に転職紹介会社への報酬が支払われます。転職紹介会社にとっては報酬は出来高制ということになり、もしも紹介された人材が採用されなければ報酬が得られないということになります。そのため転職紹介会社が報酬を得ることを目的に、登録した人の希望とは違った企業を紹介されて就職させられてしまうという場合もあるようです。

 

複数サイトで募集している企業では採用されにくいです

同時に複数のサイトで求人情報を出している企業などが転職紹介会社にも求人を出しているという場合があります。この場合その企業の条件がよければ当然応募の数も増えることになります。この時に転職紹介会社から紹介されれた人材を採用すると転職紹介会社に採用者の年収の30%程度の報酬を支払わなければならないため、一部の企業ではこれを負担に感じて他のサイトからの応募などを優先して採用するという場合もあるようです。

 

コンサルタントとの相性が合わない場合もあります

転職紹介会社では求人の紹介を受けたり応募をしたりについてはコンサルタントとの話し合いを通して行うことになりますが、コンサルタントを選べないために相性が合わずうまくいかないという場合もあります。会社によってはコンサルタントを変更してもらうことも可能ですから、相性が合わないと思ったら変えてもらえるように頼むとよいでしょう。また希望に合わないからといって紹介された求人を断ってばかりでは「やる気がないのではないか」と判断されても仕方がありません。転職紹介会社を利用する際にはコンサルタントと信頼関係を気づくことが成功するために欠かせません。転職の成功は「人との関係性が重要」ですから、できるだけ頻繁にコンサルタントと連絡を取ることで信頼関係を築くことが大切になります


このページの先頭へ戻る